CDNでWordPressのパフォーマンスを瞬時に改善することができる「jetpack」をインストールし「phton」を有効化したら、500エラーでWordPressが壊れてしまった話




投稿日:

サイトパフォーマンスを瞬時に上げる方法。
その一つにCDNサービスを利用することが挙げられます。

この数年で日本でも流行っていた個人でも利用できるCDNサービスに、「CloudFlare」がありました。しかしこちらは無料ということもあってサービスが停止してしまうこともありました。すると、自分のブログにすらアクセスできなくなります。

「CloudFlare」に不信感があったなかで、なんとwordpress純正のCDNがあるとの情報を聞いたので試してみることにしました。こちらは、プラグインで提供されています。

という訳で早速インストールをしてみました。

jetpack

1, 「jetpack」と検索して、プラグインを追加します。追加したら有効化しましょう。
プラグイン

2, 「jetpack」の認証をします。ここでwordpress.comのアカウントが必要です。事前に作っておきましょう。

3, 「phton」を有効化します。
photon有効化

とここで、悲劇が発生しました。

画面は真っ白のまま、読み込みがグルグル。。。

いつまで経ってもグルグルです。

それ以降は、管理画面もサイト自体もどこのリンクをクリックしても表示できません。そして、長時間のロードのあとに出たのが「500エラー」。なるほど、、動かないですね。

いずれにしろ、急いで元に戻す事にしましょう。ここは慌てずに正確に。まずはよくある方法をいくつか試します。

phpMyadminからログインし、SQLでプラグインを停止させる方法で挑戦。しかしこれは失敗でした。該当プラグインを停止させても変わらず。全てのプラグインを停止させても症状は変わりません。

続いてFTPでサーバに接続して該当のプラグインをフォルダごと削除する方法で挑戦。こちらを実施したら、なんとかサイトは復活しました。

今回の件は、ホスティング会社のサーバと相性が悪かったのだと思います。VPSや物理サーバなどサーバを自前で持っている場合は多分問題ないです。wordpressだけのようなCMSのみを触る事ができるサービスを利用している場合におきやすいと思います。他にもこの呪縛にかかる人が出ないでほしいです。